→  インド舞踊・ヨーガ・ジャイロキネシス® 教室はこちら 

 

心と身体にやさしいインド舞踊(ブログ)

広告を頂くということ ()
今年も公演が9月8日に決まり、今はチラシの制作準備に追われている。毎年、広告を裏面に掲載することで協賛をお願いしている。毎年少しずつドラマがある。今年は去年からの付き合いのインド料理屋さんには驚かされた。このごろ増えているIT関係のインド人が出資するインド料理屋さん。今年も広告を出したいとのことで話を進めていたが、デザイン確定の時期に突然のディスカウント。時期を狙っていたのだろうか?私は自分がディスカ
>> 続きを読む

愛を受け継ぐ ()
 踊りの師匠が亡くなってから8か月経ってからケララ州トリシュールに住む家族を訪ねた。師匠には双子の息子と娘がいる。 「母の素晴らしいところは、政治家だろうが、労働者だろうが、お金持ちだろうが貧乏人だろうが差別をすることなく愛をもって人と接していたところだ。困っている人には必ず手を差し出した。思っていることは臆せずストレートに意見を言った」別々に聞いたのにも関 わらずまったく同じ二人の答えに驚いたが
>> 続きを読む

小さな奇跡 ()
 ケララに滞在するときには小さな奇跡が起こる。 人は偶然だと思うかもしれないが、私にはミラクル。 今回はケララ州の州都であるトリバンドラムには3日間のみ滞在して、そこから電車でも半日以上かかるトリシュールへ移動が決まっていた。その移動する前日にトリバンドラムでナンギャールクートゥの公演があると知らされた。 それは、故サディ姉さんの娘であるレイバティの公演である。レイバティはしっかり母のナンギャール
>> 続きを読む

客だから何をしてもよいのか? ()
先日とても驚くべき出来事があった。私は日常は都内フィットネスでヨガ等のインストラクターをしている。フィットネスには毎日、色々な商品の展示販売が行われている。化粧品から健康器具、サプリメントまで様々だ。私はよく販売員の方に声をかける。クラスが始まる前にメンバーさんに商品の説明をしてもらうためだ。何しろ私のヨガのクラスは70名もはいるので、宣伝にはもってこいだから。それで私にメリットがあるわけではない
>> 続きを読む

ひな祭りはインド ()
とうとう動き出した!私。3月3日にインドのチケットを予約した。師匠が亡くなり、私にとってインドは遠い国となっていたところ、、でも、師匠が残したものは沢山ある。一番師匠の魂を受け継いでいるのはなんといっても娘のアンブリー私が出会った頃は小学生だったのに、今では3人の母親だ。もちろん素晴らしい踊り手でもある。彼女は遠慮なく私に踊りを叩き込むだろう。今までもしようがいないときは教えてくれたりした。正直師
>> 続きを読む