→  インド舞踊・ヨーガ・ジャイロキネシス® 教室はこちら 

 

心と身体にやさしいインド舞踊(ブログ)

威風堂々と生きる父のこと ()
お盆にちょっとだけ実家に帰った。84歳である。父は少し瘦せていた。物忘れも多くなった。でも相変わらず、父は素敵だと思う。煙草が止められずに、肺は95歳と宣告され手、時々咳が止まらなくなるらしい。「それでどうするの?」という私の問いに「これからは威風堂々と生きればいいんだ。かがまなければ咳は出ないから」と言い切った。父には煙草を止める選択肢はないらしい。思い返せば父は人に媚びたりしないけれども、だれとで
>> 続きを読む

思考が身体にダメージを与える ()
「色々やった集大成が今のこの体なんだよね」整体のM先生の厳しい言葉で治療が始まる。左の足の親指や足首が痛くて久しぶりに治療に行ったのだ。「余計なことをいろいろやって本質に辿り着いていないんじゃないかな」耳が痛い。インド舞踊だけでなく、落語、殺陣、剣詩舞と手を出しすぎなことは自分でもやりすぎ感はある。でも、たぶんそのことだけではない。私の思考が問題なのだ。話しながら治療の中で、(治療といってもほとん
>> 続きを読む

座禅断食明けました ()
座禅断食が無事に終了した無事に座禅断食から戻り、予後の5日間も明けようとしている。三日間寝る以外は、食べずに座禅だけをする。水やお茶は飲む。3日目の昼に明けの食事をして宿便を出して胃腸をきれいにするのが座禅断食のプログラムだ。そして、、それから三塚間、たんぱく質や市g器物は禁止。一週間、お酒、肉は禁止。徐々に日常に戻っていく。毎日の暑さにビールを飲みたい、お肉を食べたいという衝動がなかったわけではな
>> 続きを読む

無償という意味って ()
またもやブログを更新するのが遅れる。あまりにもの忙しさに明日から松本へ逃避行。逃避行といっても座禅断食。何も食べない、何もしない座禅だけの贅沢な時間。そもそも、普段からやりすぎなのである。何もかも。言わなくて良いことも言ってしまう。つい最近の出来事。出演依頼の一通のメール。あるフェスティバルでインド舞踊を踊ってほしい。ただし、学生が運営しているため、ギャラも交通費も出ない。それに対して、断ってもよ
>> 続きを読む

死のワークは今を生きること ()
環境運動家である辻信一先生が校長である夏のゆっくり小に参加した。slow small simple 3つのSが大切な時代に今私たちはいることを経済学の視点から学んだり、世界で様々な活動をしている方々からのメッセージを受け取る学校だ。なぜ、小学校?小の意味はスモール。小さな学校。昔は学校は過酷な労働から離れて休めるところだったという。ゆっくり休みながら学び、本来の自分を取り戻す機会なのだ。最近の私といえば、インド舞踊の
>> 続きを読む