→  インド舞踊・ヨーガ・ジャイロキネシス® 教室はこちら 

 

心と身体にやさしいインド舞踊(ブログ)

壁を作らないこと ()
新しき年の抱負は、去年の暮れから決まっていた。去年の暮れ、環境運動家の辻先生からお話の中からヒントをもらった。私は辻先生にはいつも大きな刺激を受けている。辻先生は去年11月ごろだったかパレスチナを訪れたという。イスラエルの人たちに作られた壁の中で生活をしている様子を見てきたそうだ。壁の中で幽閉をされている人々と、壁を作った人々とを見比べると大きな違いがあるという。驚いたことに、辻先生には壁の中で暮
>> 続きを読む

【ケーララを訪れたらすぐに使える、マラヤーラム語講座】 ()
【ケーララを訪れたらすぐに使える、マラヤーラム語講座】を開きます! 近年、南インド・ケーララ州には観光だけでなく、ヨーガ、アーユルヴェーダ、南インド料理を学ぶために訪れる方が増えています。また、日本のIT企業で働いたり、国際結婚をされて日本に在住されるケーララ出身者も少なくありません。 ケーララ州の公用語はマラヤーラム語です。もし、マラヤーラム語を話せたら、現地の方とのコミュニケーションを深めるきっ
>> 続きを読む

今からでも遅くない、やり直す ()
11月の連休はジャイロキネシスの更新のコースに明け暮れた。ジャイロキネシスとはルーマニアのバレリーナがアメリカに亡命してから、ダンサーが怪我をせずにレベルアップをはかるために作り上げられたエクササイズである。今ではジャイロキネシスを愛する人々が全世界いる。ダンサーだけではなく、俳優、声楽家、スポーツ選手、そして、もちろん一般の愛好化家など様々な人まで浸透している。私は2005年にジャイロに出会いいくつも
>> 続きを読む

ぼちぼち亭の秋の一門会 ()
ぼちぼち亭秋の一門会が無事に終わりました。ぼちぼち亭とは女流落語家の古今亭菊千代師匠から落語を習うサークルです。そこでは一番若手のひよっこの私ですが、それでももう3年が経とうとしています。一門会だけでなく、ほかでも講座をやらせていただいているので、もう10回目ぐらいになるのかしら(まだ?かな)やっと着物も着れるようになり、落語の面白さや難しさが少しだけ見えるようになってきました。インド舞踊と落語は似
>> 続きを読む

大人も傷つく ()
先日枇杷系の同窓会があった。枇杷系とはコンテンポラリーダンサーの山田せつこさんが率いるダンスグループだ。私はインドへ行く前にこちらのメンバーだったことがある。厳しい稽古についていけなくて悩んだ。「インドへ修行へ行ってきます。」と言い残しインドへ。帰ってきたら「インド舞踊家になります。辞めさせてください。」と周りを驚かせて辞めた。それから20数年ぶりの同窓会だ。私が辞めてからも沢山のダンサーが生まれて
>> 続きを読む